blog

温故知新 – On Kawara & Donald Judd

これは見たい、体験したい。

現代芸術振興財団 現代アート展「温故知新 – On Kawara & Donald Judd」

そういえば、ドナルド・ジャッドのミニマルアートのTシャツを浮かれて買ったはいいが、似合ってなくてお蔵入り。

わたしがトイレットペーパー芯で創る大型ウォールアートは、一種のミニマルアートなのではと思ったりもする。

創作のときの決め事は、芯の扱いをミニマルにしている。(正しく言えばミニマムになるのか)

そう、究極はミニマムなのだ。
ミニマムでありたいし、それは実際難しい。
だが目の前からはっきりとした思考以外を排除してくれるツールでもある。

 

2015-01-21 | blog